メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2021(7月14日~16日)に出展。製品紹介ライブデモを開催。

インフォメーション 

平素は大変お世話になっております。

このたび、三徳コーポレーション株式会社は7月14日~16日の3日間、インテックス大阪6号館で開催される「メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2021( https://www.jma.or.jp/mente/osaka/index.html )」に出展致します。

開催期間中は、毎日10時30分から、「RiMM 気づき教育 VR 360度実写記録&ビューアドバンス」など、ご好評頂いている注目製品の実演デモを以下URLにてライブ中継致します。デモは30分程度を予定しております。

その他VR災害シナリオ+KY再現映像のリリース情報等も以下中継用URLにてご紹介します。

https://video.rimm.ai/

ぜひ当社新製品のデモをご覧ください。

「RiMM 仮想災害DIG訓練システム(仮想災害Web訓練)」

被害を減らす為、災害対応の試行錯誤と実行手段を提供し能力を向上します。

実在しない災害を自分で想定し、災害イベントの発生リストを作成します。イベントリストに従い状況が進行します。ネットワークによりグループ単位で連携を模擬します。災害の対処行動をシミュレーションする機能を災害図上訓練(Disaster Imagination Game)をネットワークシステム化した仕組みで実現します。特に未知の災害に対する対応手段として有効な教育手段です。

「RiMM 気づき教育 VR 360度実写記録&ビューアドバンス」

職場の危険要因を分析、災害を発生させない・気づかせる手段を提供します。

実際の職場環境を全周囲360度VRカメラで撮影(写真、ビデオ)します。職場のイメージをそのままVR(仮想現実)に取り込み、仮想空間内で職場を再現します。5感を働かせ(視覚+聴覚)災害を発生させる危険因子を自ら探させます。職場に存在する危険を具体的に発見し、人間の本質的な直感を刺激し危険意識を高めます。災害防止対応教育に最適です。

「RiMM災害体感VR」

採用実績400社 災害シナリオ95種類 危険感受性向上

ご来場頂き実際にご体感下さい。

「KY災害再現映像」

33種類の災害を映像化 効率的な災害ケーススタディー

────────────────────────────────────────

弊社では国内4拠点にデモルームを開設し皆様に直接「RiMM」をご体感頂けるようにしています。

ご体感頂ける災害シナリオ:95種 デモの所要時間:約1.5時間 

東京:神田 人数10人まで

大阪:阿波座 人数7人まで

名古屋:丸の内 人数10人まで

島根:松江 人数3人まで

また弊社では感染症対策の為デモルームにお越し頂けない方へオンラインでのデモンストレーションサービスをこの度開始致しました。お客様との繋がりを一番とし、さらにこの状況下での「With コロナ」として経済活動を両立させていきます。

詳しくは、当社営業社員より御案内をさせて頂きます。

何卒よろしくお願い申し上げます。