【展示会情報】「防災産業展2023」に出展 (2月1日~3日:東京ビッグサイト)

インフォメーション ››

 2023/2/1-3 東京ビッグサイト にて開催

三徳コーポレーション株式会社は2023年2月1日(水)~3日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される「防災産業展2023」(https://biz.nikkan.co.jp/eve/bousai/ )に出展致します。

防災産業展2023

防災・減災によるレジリエンス社会の実現へ

2011年に起きた東日本大震災を機に自然災害を完全に防ぐのではなく、レジリエンス(強靭性)をたかめていくことに 潮流が変化しています。また、近年では日本各地で大規模な水害が発生しており、社会問題となっています。
そこで本展示会は、今後起こりうる身近な災害にフォーカスし、防災・減災における欠かすことのできない、防災製品や 情報システムをはじめ、ロボット・ドローンなど最新の防災製品を展示公開します。

引用元:防災産業展2023公式Webサイト

開催期間中は「RiMM(リム) VR災害体感システム」をご体感頂けます。

「RiMM災害体感VR」

採用実績400社以上災害シナリオ106種類以上。危険感受性向上を目的とした「VR災害体感システム」です。ご来場頂き実際にご体感下さい。

2022年11月リリースの最新シナリオである、「脚立からの転落シナリオ5種」も期間中、当社ブースにてご体感頂けます。その他にも、幅広く各業界での安全教育にご活用頂いている当社の災害体感シナリオをご体感可能です。

「RiMM」はVRゴーグルを装着し、PCで当社作成のVR災害体感シナリオ映像を再生することで、視覚・聴覚・触覚を再現し、労働災害を擬似体感することができるVR災害体感システムです。

過去の労働災害事例に基づき制作されたVR災害体感シナリオ映像を使って労働災害を擬似体感することで、「怖い」「嫌だ」といった災害に対するネガティブな感情を刺激し、危険に対する感受性を向上させることを目的としています。

座学と組み合わせてご利用頂くことで効果的な安全教育を実施することが可能です。

また、弊社では国内4拠点にデモルームを開設し皆様に直接「RiMM」をご体感頂けるようにしています。

ご体感頂ける災害シナリオ:106種 デモの所要時間:約1.5時間 

【体感可能なショールーム所在地】

  • 東京:神田
  • 大阪:阿波座
  • 名古屋:丸の内
  • 島根:松江 

※来場可能人数は新型コロナウイルス感染拡大状況により異なります。詳しくはお問い合わせください。

また弊社では感染症対策の為デモルームにお越し頂けない方へオンラインでのデモンストレーションサービスをこの度開始致しました。

お客様との繋がりを一番とし、さらにこの状況下での「With コロナ」として経済活動を両立させていきます。詳しくは、当社営業社員より御案内をさせて頂きます。何卒よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせはこちら

【展示会情報】「メンテナンス・レジリエンスOSAKA2022」に出展 (12月7日~9日:インテックス大阪)

インフォメーション ››

 2022/12/7-9 インテックス大阪 にて開催

三徳コーポレーション株式会社は2022年12月7日(水)~9日(金)の3日間、インテックス大阪で開催される「メンテナンス・レジリエンスOSAKA2022」(https://www.jma.or.jp/mente/visit/index.html )に出展致します。

メンテナンス・レジリエンスOSAKA 2022

メンテナンス・レジリエンスは、製造業・建設業の生産性向上、持続可能な社会資本整備、レジリエンス向上を目指し、複数の専門展示会を同時開催することで、相互の関連性を最大限に引き出し、業界の枠を超えた技術・情報交流を促進する場を提供いたします。

生産設備を維持管理して保全する「メンテナンス」という考え方は、生産設備から道路・橋梁・トンネルなどの社会インフラまで、その関連する領域を拡げています。
また、「国土強靭化(ナショナル・レジリエンス)」という我が国の重要政策課題により、「レジリエンス」という言葉を耳にする機会が増えております。
「レジリエンス」とは、一般的に「復元力、回復力、弾力」などと訳される言葉ですが、このことから、個人から企業や行政などの組織・システムに至るまで、社会のあらゆるレベルにおいて備えておくべき「リスク対応能力」「危機管理能力」との概念が定着しつつあります。
「メンテナンス」と「レジリエンス」は、トラブル・リスクなどにあらかじめ備えて対応するという点において非常に関係が深い言葉と言えるでしょう。
以上を踏まえ、『メンテナンス・レジリエンス』の総称のもと、生産設備から社会インフラ、各種災害対策まで「メンテナンス」「レジリエンス」に関する最新の製品・技術・サービスを一堂に集め、製造業、官庁・自治体、交通・ライフライン機関、建設業の皆様に、商談と技術情報交流の場を提供いたします。

引用元:メンテナンス・レジリエンスOSAKA2022公式Webサイト

開催期間中は「RiMM(リム) VR災害体感システム」をご体感頂けます。

「RiMM災害体感VR」

採用実績400社以上災害シナリオ106種類以上。危険感受性向上を目的とした「VR災害体感システム」です。ご来場頂き実際にご体感下さい。

2022年11月リリースの最新シナリオである、「脚立からの転落シナリオ5種」も期間中、当社ブースにてご体感頂けます。その他にも、幅広く各業界での安全教育にご活用頂いている当社の災害体感シナリオをご体感可能です。

「RiMM」はVRゴーグルを装着し、PCで当社作成のVR災害体感シナリオ映像を再生することで、視覚・聴覚・触覚を再現し、労働災害を擬似体感することができるVR災害体感システムです。

過去の労働災害事例に基づき制作されたVR災害体感シナリオ映像を使って労働災害を擬似体感することで、「怖い」「嫌だ」といった災害に対するネガティブな感情を刺激し、危険に対する感受性を向上させることを目的としています。

座学と組み合わせてご利用頂くことで効果的な安全教育を実施することが可能です。

また、弊社では国内4拠点にデモルームを開設し皆様に直接「RiMM」をご体感頂けるようにしています。

ご体感頂ける災害シナリオ:106種 デモの所要時間:約1.5時間 

【体感可能なショールーム所在地】

  • 東京:神田
  • 大阪:阿波座
  • 名古屋:丸の内
  • 島根:松江 

※来場可能人数は新型コロナウイルス感染拡大状況により異なります。詳しくはお問い合わせください。

また弊社では感染症対策の為デモルームにお越し頂けない方へオンラインでのデモンストレーションサービスをこの度開始致しました。

お客様との繋がりを一番とし、さらにこの状況下での「With コロナ」として経済活動を両立させていきます。詳しくは、当社営業社員より御案内をさせて頂きます。何卒よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせはこちら

【展示会出展中】メッセナゴヤ2022にて最新シナリオ5種を含む「VR災害体感システム」出展中!! (11月16日~18日:ポートメッセなごや)

インフォメーション ››

 2022/11/16-18 ポートメッセなごや にて開催

三徳コーポレーション株式会社は2022年11月16日(水)~18日(金)までの3日間、ポートメッセなごやで開催される「メッセナゴヤ2022」(https://www.messenagoya.jp/ )に出展しております。

最新シナリオ5種を含む、全106シナリオをご体感可能です!

2022年11月に正式発売となる脚立転倒シナリオ5種をメッセナゴヤにていち早くご体感頂けます。すでに多くのお客様にご体感頂き、新災害シナリオ “脚立転倒災害”5種にご好評頂いております。

ぜひメッセナゴヤ2022、「1Dー51」ブースにお越し頂き、最新の災害体感シナリオをご体感ください。

メッセナゴヤ 2022

メッセナゴヤは、愛知万博の理念(環境、科学技術、国際交流)を継承する事業として2006年にスタートした「異業種交流の祭典」。業種や業態の枠を超え、幅広い分野・地域からの出展を募り、出展者と来場者相互の取引拡大、情報発信、異業種交流を図る日本最大級のビジネス展示会です。

引用元:メッセナゴヤ2022公式Webサイト

開催期間中は「RiMM(リム) VR災害体感システム」をご体感頂けます。

「RiMM災害体感VR」

採用実績400社以上災害シナリオ106種類以上。危険感受性向上を目的とした「VR災害体感システム」です。ご来場頂き実際にご体感下さい。

「RiMM」はVRゴーグルを装着し、PCで当社作成のVR災害体感シナリオ映像を再生することで、視覚・聴覚・触覚を再現し、労働災害を擬似体感することができるVR災害体感システムです。

過去の労働災害事例に基づき制作されたVR災害体感シナリオ映像を使って労働災害を擬似体感することで、「怖い」「嫌だ」といった災害に対するネガティブな感情を刺激し、危険に対する感受性を向上させることを目的としています。

座学と組み合わせてご利用頂くことで効果的な安全教育を実施することが可能です。

また、弊社では国内4拠点にデモルームを開設し皆様に直接「RiMM」をご体感頂けるようにしています。

ご体感頂ける災害シナリオ:106種 デモの所要時間:約1.5時間 

【体感可能なショールーム所在地】

  • 東京:神田
  • 大阪:阿波座
  • 名古屋:丸の内
  • 島根:松江 

※来場可能人数は新型コロナウイルス感染拡大状況により異なります。詳しくはお問い合わせください。

また弊社では感染症対策の為デモルームにお越し頂けない方へオンラインでのデモンストレーションサービスをこの度開始致しました。

お客様との繋がりを一番とし、さらにこの状況下での「With コロナ」として経済活動を両立させていきます。詳しくは、当社営業社員より御案内をさせて頂きます。何卒よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせはこちら

【展示会情報】メッセナゴヤ2022に出展 (11月16日~18日:ポートメッセなごや)

インフォメーション ››

 2022/11/16-18 ポートメッセなごや にて開催

三徳コーポレーション株式会社は2022年11月16日(水)~18日(金)の3日間、ポートメッセなごやで開催される「メッセナゴヤ2022」(https://www.messenagoya.jp/ )に出展致します。

メッセナゴヤ 2022

メッセナゴヤは、愛知万博の理念(環境、科学技術、国際交流)を継承する事業として2006年にスタートした「異業種交流の祭典」。業種や業態の枠を超え、幅広い分野・地域からの出展を募り、出展者と来場者相互の取引拡大、情報発信、異業種交流を図る日本最大級のビジネス展示会です。

引用元:メッセナゴヤ2022公式Webサイト

開催期間中は「RiMM(リム) VR災害体感システム」をご体感頂けます。

「RiMM災害体感VR」

採用実績400社以上災害シナリオ106種類以上。危険感受性向上を目的とした「VR災害体感システム」です。ご来場頂き実際にご体感下さい。

「RiMM」はVRゴーグルを装着し、PCで当社作成のVR災害体感シナリオ映像を再生することで、視覚・聴覚・触覚を再現し、労働災害を擬似体感することができるVR災害体感システムです。

過去の労働災害事例に基づき制作されたVR災害体感シナリオ映像を使って労働災害を擬似体感することで、「怖い」「嫌だ」といった災害に対するネガティブな感情を刺激し、危険に対する感受性を向上させることを目的としています。

座学と組み合わせてご利用頂くことで効果的な安全教育を実施することが可能です。

また、弊社では国内4拠点にデモルームを開設し皆様に直接「RiMM」をご体感頂けるようにしています。

ご体感頂ける災害シナリオ:106種 デモの所要時間:約1.5時間 

【体感可能なショールーム所在地】

  • 東京:神田
  • 大阪:阿波座
  • 名古屋:丸の内
  • 島根:松江 

※来場可能人数は新型コロナウイルス感染拡大状況により異なります。詳しくはお問い合わせください。

また弊社では感染症対策の為デモルームにお越し頂けない方へオンラインでのデモンストレーションサービスをこの度開始致しました。

お客様との繋がりを一番とし、さらにこの状況下での「With コロナ」として経済活動を両立させていきます。詳しくは、当社営業社員より御案内をさせて頂きます。何卒よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせはこちら

【展示会出展】緑十字展2022「博多」へ出展します。

インフォメーション ››

緑十字展2022 「働く人の安心づくりフェアin福岡」 小間番号116

会期:2022年10月19日~21日まで 最新型RiMM Mobile2の実機デモを行います。

  19日、20日 9:30-17:30、 21日 9:00-15:00 

場所:マリンメッセ福岡A館 入場無料(事前登録制)

https://www.nep-sec.jp/gce2022/

【展示会出展】モノづくりフェア福岡&建災防金沢にて実演デモ

インフォメーション ››

●モノづくりフェア2022博多に出展中です。【福岡開催】

 会期:2022年10月5日(水)~7日(金)

 マリンメッセ福岡 B館 ブース番号=BN-17 にてRiMM2台にてデモ体感実施中です。

 モノづくりフェア2022 | 九州最大級の産業見本市が福岡で開催! (nikkanseibu-eve.com)

●第59回 全国建設労働災害防止大会in金沢に出展中です。【金沢開催】

 会期:2022年10月6日(木)~7日(金) にてRiMM2台にてデモ体感実施中です。

 いしかわ総合スポーツセンターサブアリーナ ミドリ安全様共同出展ブース

 建設業労働災害防止協会 | 建災防 (kensaibou.or.jp)

  

【メディア掲載情報】週間「東洋経済」8月8日発売号にて、当社VR災害体感システムの特集レポートが掲載

インフォメーション ››

東洋経済新報社様が発行する「週刊東洋経済」の2022年8月13‐20日(合併)号「Business ASPECT」において、三徳コーポレーション株式会社が発売するVR災害体感システム「RiMM」と、当社の考える安全・安心理念に関するレポートが掲載されました。

編集部により取材頂き、当社製品ならびに当社の考える安全・安心理念に関する最新の情報をレポートして頂いております。

また、当該メディアでは導入頂いたお客様からの声として、実際にどの様にお使い頂いているかについての取り組みについても紹介されております。

記事と合わせてぜひご一読ください。

当社製品のご紹介

「RiMM災害体感VR」

採用実績400社以上災害シナリオ106種類以上。危険感受性向上を目的とした「VR災害体感システム」です。ご来場頂き実際にご体感下さい。

「KY災害再現映像」

33種類の災害を映像化した、効率的な災害ケーススタディー映像です。

「RiMM 仮想災害DIG訓練システム(仮想災害Web訓練)」

被害を減らす為、災害対応の試行錯誤と実行手段を提供し能力を向上します。実在しない災害を自分で想定し、災害イベントの発生リストを作成します。イベントリストに従い状況が進行します。ネットワークによりグループ単位で連携を模擬します。災害の対処行動をシミュレーションする機能を災害図上訓練(Disaster Imagination Game)をネットワークシステム化した仕組みで実現します。特に未知の災害に対する対応手段として有効な教育手段です。

「RiMM 気づき教育 VR 360度実写記録&ビューアドバンス」

職場の危険要因を分析、災害を発生させない・気づかせる手段を提供します。実際の職場環境を全周囲360度VRカメラで撮影(写真、ビデオ)します。職場のイメージをそのままVR(仮想現実)に取り込み、仮想空間内で職場を再現します。5感を働かせ(視覚+聴覚)災害を発生させる危険因子を自ら探させます。職場に存在する危険を具体的に発見し、人間の本質的な直感を刺激し危険意識を高めます。災害防止対応教育に最適です。

また、弊社では国内4拠点にデモルームを開設し皆様に直接「RiMM」をご体感頂けるようにしています。

ご体感頂ける災害シナリオ:106種 デモの所要時間:約1.5時間 

【体感可能なショールーム所在地】

  • 東京:神田
  • 大阪:阿波座
  • 名古屋:丸の内
  • 島根:松江 

※来場可能人数は新型コロナウイルス感染拡大状況により異なります。詳しくはお問い合わせください。

また弊社では感染症対策の為デモルームにお越し頂けない方へオンラインでのデモンストレーションサービスをこの度開始致しました。

お客様との繋がりを一番とし、さらにこの状況下での「With コロナ」として経済活動を両立させていきます。詳しくは、当社営業社員より御案内をさせて頂きます。何卒よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせはこちら

災害映像86種/VR災害体感114種(合計200災害再現)&ネットワークサービス「RiMM安全&安心サイクロン・フィロソフィー」発表

インフォメーション ››

RiMM KY災害再現映像86種リリースしました。

RiMM VR災害シナリオ 114種リリース済み SCE-164迄内容決定し開発中

ネットワーク方式によるRiMMサービス概念が順次実行されます。

 ネットワーク型のRiMM安全安心サイクロン・フィロソフィーは、将来全てのRIMM製品をネットワーク対応化すると同時に、それに合わせ付加価値の高いサービスを提供していく概念です。サービスをネットワーク対応にする事により製品実行時期と内容がシステムに記録されます。記録情報を基にRiMMの循環理念に従って解析する事により新たな付加機能を生み出す事が可能です。データを分析しその人に合わせた最適な教育プログラムを実行し時期を推奨します。実施前後の状態を評価し教育効果を分析し、人材に合わせたプログラムを最適化できます。これらのサービスは、RiMMの総合循環サイクルの概念に沿って順次開発され実行されます。(本発表により、RiMM mobile 2の製品販売と製造が無くなる事は有りません。)

 分野別利用履歴に基づいた災害シナリオ推奨

 → 教育スケジューリング機能

 → 感性評価フィードバック

 → 個別最適化

 → 標準化

順次リリース予定(2022年~2024年までに順次リリース)

【展示会情報】メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2022に出展 (7月20日~22日:東京ビッグサイト)

インフォメーション ››

 2022/7/20-22 東京ビッグサイト にて開催

三徳コーポレーション株式会社は2022年7月20日(水)~22日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2022」(https://www.jma.or.jp/mente/tokyo2022/index.html )に出展致します。

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2022

メンテナンス・レジリエンスTOKYOは、製造業・建設業の生産性向上、持続可能な社会資本整備、レジリエンス向上を目指し、13の専門展示会を同時開催することで、相互の関連性を最大限に引き出し、業界の枠を超えた技術・情報交流を促進する場を提供いたします。

引用元:メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2022公式Webサイト

開催期間中は「RiMM(リム) VR災害体感システム」、「RiMM 気づき教育 VR 360度実写記録&ビューアドバンス」など、ご好評頂いている注目製品をご体感頂けます。

「RiMM災害体感VR」

採用実績400社以上災害シナリオ106種類以上。危険感受性向上を目的とした「VR災害体感システム」です。ご来場頂き実際にご体感下さい。

「KY災害再現映像」

33種類の災害を映像化した、効率的な災害ケーススタディー映像です。

「RiMM 仮想災害DIG訓練システム(仮想災害Web訓練)」

被害を減らす為、災害対応の試行錯誤と実行手段を提供し能力を向上します。実在しない災害を自分で想定し、災害イベントの発生リストを作成します。イベントリストに従い状況が進行します。ネットワークによりグループ単位で連携を模擬します。災害の対処行動をシミュレーションする機能を災害図上訓練(Disaster Imagination Game)をネットワークシステム化した仕組みで実現します。特に未知の災害に対する対応手段として有効な教育手段です。

「RiMM 気づき教育 VR 360度実写記録&ビューアドバンス」

職場の危険要因を分析、災害を発生させない・気づかせる手段を提供します。実際の職場環境を全周囲360度VRカメラで撮影(写真、ビデオ)します。職場のイメージをそのままVR(仮想現実)に取り込み、仮想空間内で職場を再現します。5感を働かせ(視覚+聴覚)災害を発生させる危険因子を自ら探させます。職場に存在する危険を具体的に発見し、人間の本質的な直感を刺激し危険意識を高めます。災害防止対応教育に最適です。

また、弊社では国内4拠点にデモルームを開設し皆様に直接「RiMM」をご体感頂けるようにしています。

ご体感頂ける災害シナリオ:106種 デモの所要時間:約1.5時間 

【体感可能なショールーム所在地】

  • 東京:神田
  • 大阪:阿波座
  • 名古屋:丸の内
  • 島根:松江 

※来場可能人数は新型コロナウイルス感染拡大状況により異なります。詳しくはお問い合わせください。

また弊社では感染症対策の為デモルームにお越し頂けない方へオンラインでのデモンストレーションサービスをこの度開始致しました。

お客様との繋がりを一番とし、さらにこの状況下での「With コロナ」として経済活動を両立させていきます。詳しくは、当社営業社員より御案内をさせて頂きます。何卒よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせはこちら