RiMM 未知の災害対応能力向上
(危機管理対応 仮想災害Web訓練システム)

被害を減らす為、災害対応の試行錯誤と実行手段を提供し能力を向上します。

実在しない災害を自分で想定し、災害イベントの発生リストを作成します。イベントリストに従い状況が進行します。ネットワークによりグループ単位で連携を模擬します。災害の対処行動をシミュレーションする機能を災害図上訓練(Disaster Imagination Game)をネットワークシステム化した仕組みで実現します。特に未知の災害に対する対応手段として有効な教育手段です。

レジリエンス(しなやかな強さ、立ち直る力)飛躍

職場に存在する危険を考え想像し、仮想訓練を通じてあたまと身体に記録します。

RiMM製品ライン構成(RiMM 仮想災害Web訓練システム)

RiMM技能訓練

RiMM安全教育

RiMM災害対応

仮想災害DIG

VRを利用した安全教育のポイント

仮想災害Web訓練・モジュール構成(RiMM 仮想災害Web訓練システム・2つの機能を合わせ持つ)

RiMM 仮想災害DIG訓練システム(Web図上訓練・ハザード表示機能付き)

RiMM virtual disaster Web training system (DIG Training system and Hazard map)

仮想災害Web訓練・コンセプト

汎用的な仕組み

ユーザ自身で、災害を簡単に定義可能⇒ 時系列に災害を記述しプログラム完了

グループ間連携

仮想訓練で情報交換できる仕組み実現⇒ オンラインチャットによる伝達・指揮

利便性、浸透性

運用端末利用可能(PC、タブレット、スマフォ)+WEBブラウザ閲覧(インストール不要)

実用性重視(非災害時、実災害どちらでも利用可能)

  • 非災害時:ハザードマップ作製&閲覧 vs 実災害発生時:災害状況の図上鳥瞰表示
  • 非災害時:ARステータスモニタ仮想災害表示 vs 実災害発生時:ネットワークによるリアルタイム映像共有

仮想災害Web訓練・特徴

  • 自然災害や人的災害を想定したBCP対処教育や訓練が可能
  • 災害イベントを時系列でテキスト記述し、災害プログラムが完了
  • イベントジェネレータが、災害プログラムに従い自動実行
  • 訓練端末(PC、タブレット、スマフォ等)に災害イベントを配信伝達
  • 複数グループ間で、タグ交信により情報伝達・通信が可能
  • 配信状況が、ログとして記録保存
  • 配信記録を確認しながら、訓練後の教育レビューが可能
  • 図上表示システムと連動、災害状況の鳥瞰表示が可能
  • ステータスモニタ(ARグラス)により、仮想災害場所でAR災害表示が可能

仮想災害モジュール仮想の災害リストに従いシミュレーションを自動実行します。

●仮想災害Web訓練・訓練概要

●仮想災害Web訓練・「実施イメージ(学校防災・避難誘導)」

【RiMM DIG 図上災害対応訓練システム】を活用した「生徒の避難誘導・防災訓練」イメージ

●仮想災害Web訓練・訓練インタフェース

仮想訓練空間に於ける仮想災害シミュレーションシステム構成

Virtual disaster simulation system configuration in virtual training space

●仮想災害Web訓練オペレーション概要

●仮想災害Web訓練・訓練レビュー

仮想災害事象の発生に基づく協調訓練のイメージ&訓練記録

Image of collaborative training based on the occurrence of virtual disaster events & Log

図上表示モジュール地図情報にハザード情報を付加し、スタータス状況を表示します。

●現場映像確認・リアルタイム

ハザードマップ機能のシステム構成概要

Hazard map function system configuration overview

●ハザードマッピング登録(記録)

保守作業員によるハザード記録 及び ハザードマップ編集管理

Hazard recording and hazard map editing management by maintenance workers

●ハザードマップ利用・運用(表示)

ハザードフラグ表示機能
(アイコン+文字+写真+音声+映像等)

経路書き込み・表示機能
(線による移動経路指示、多色対応)

エリア分布の書き込み・表示機能
(線が処理による色分布表示)

地図情報は利用者側にてビットマップ形式でご準備ください。 Please prepare the map information in bitmap format on the user side.

ハザードマップ機能の利用イメージ

Image of using the hazard map function

実演デモ対応は【東京(神田)、大阪(阿波座)名古屋(丸の内)、松江、ベトナム(ホーチミン)、タイ(バンコク)、シンガポール=合計7拠点】

オンラインデモ開始しました!
製品に関するお問い合わせ / カタログ請求
情報機器部TEL:03-5209-0080