RiMM 気づき教育 VR 360度実写記録&ビューアドバンス

職場の危険要因を分析、災害を発生させない・気づかせる手段を提供します。

実際の職場環境を全周囲360度VRカメラで撮影(写真、ビデオ)します。職場のイメージをそのままVR(仮想現実)に取り込み、仮想空間内で職場を再現します。5感を働かせ(視覚+聴覚)災害を発生させる危険因子を自ら探させます。安全かつ効果的に訓練するソフトウエアです。職場に存在する危険を具体的に発見し、人間の本質的な直感を刺激し危険意識を高めます。災害防止対応教育に最適です。

VRを利用した安全教育方法(3ステップ教育を推奨)

職場に存在する危険を具体的に示し「見て、聞いて」直感的に”こころ”で感じます。

安全&安心・リスクアセスメントツール

職場に存在する危険を具体的に示し、「見て」直感的に感じる。
自ら考えて現場に潜む危険を探し、
気づく、見つける。

STEP1

災害ケーススタディ
Disaster
case study

CG

現場で起きている災害を知る
Know the disasters
that are occuring in the field

STEP2

感受性向上・災害体感
Sensitivity improvement
disaster experience

VR

災害の怖さを知り意識を変える
Know the fear of disaster
and change consciousness

STEP3

安全向上・気づき教育
Safety improvement/
awareness education

360CAM

守る方法を知る・自ら調べる
Know how to protect
and find yourself

利用使途

  • 自分の現場を記録し、危険個所指摘
  • 現場改修前後の記録し保存
  • 現場を撮り、遠隔地で危険個所抽出
  • 作業状況を多視点で記録し作業確認&検討
  • 事故をVRビデオ映像で記録、速報伝達 News

VRを利用した安全教育のポイント

製品構成

モバイル再生キットと360度カメラを利用して、現場を360度撮影&VRで確認することが可能

モバイル用収納ケース(軍用規格)
総重量:合計約20kg
姿勢検知センサ+三脚
360度カメラ
 
ゴーグル型表示器
【収納状態】
 
高性能描画装置(デスクトップ仕様CPU+GPU)

付属品

  • RiMMライセンス認証
  • 操作マニュアル+製品検査証
  • 1年間製品保証(保証書) 他

お客様で準備頂く内容

  • 机+AC100V+2m×3mのスペースのみ

コンテンツ

SCE46 VR360度カメラ現場記録リスクアセスメント
※必須

VRCM001 360度実写記録&ビューアドバンス

SCE46 VR360度カメラ現場記録リスクアセスメント

実際の現場の映像を使って危険個所の
指摘ができます

POINT

現場に潜む危険に気づく力を養います

【機能】

  • 360度VRカメラで映像と音声を撮影・記録。
  • 撮影した映像の動画、静止画再生・一時停止。
  • コントローラでのポインティングマーク。

360度VRカメラによる現場撮影(360度VRカメラによる現場撮影・ビデオ&写真データ取得)

作業現場の360度カメラ撮影
360-degree camera shot of the work site
4方向を8眼にてステレオ撮影
Stereo shooting with 8 eyes in 4 directions
8ケの魚眼レンズで立体像を記録します。
VR化したイメージ(実際は球形)
VR image (actually spherical)
ソフトで立体視が可能なパノラマ画像を
生成します。

VRカメラによるVR空間作成(360度VRカメラ映像によるVR空間への反映)

360VRアドバンス:パノラマ生成されたVR立体空間表示用イメージ
360VR Advance: Panorama-generated VR stereoscopic space display image

VR空間での再現イメージ
前周囲をVR再現
Reproduced image in VR space

VRCM001 360度実写記録&ビューアドバンス(機能拡張)

SCE46VR360度カメラ現場記録リスクアセスメントコンテンツをより有効活用できる拡張機能ソフト

VRCM001 360度実写記録&ビューアドバンス拡張機能(SCE-46へプラグインによる機能拡張)

• ティーチング(正誤判定)機能

更に、より効果的なティーチングを行うための機能として、以下4つの機能を搭載

  • テキスト入力・表示
  • 動画ファイル挿入・表示
  • マッピング
  • カウントダウン

• お客様自身で教材制作ができる編集モード搭載

上記機能を用いてティーチングを行うための制作・編集モードを搭載

指摘対象領域のサイズ指定
Size setting of the pointed out area

実写VRを用いた編集&訓練(RiMM 360VRアドバンス・ティーチング機能)

360VRアドバンス:作業現場に潜む危険個所を指摘し → 照合、回答を表示・点数評価

360VR Advance: Point out dangerous points hidden in the work site → Collate, display answers, evaluate points

実写VRを用いた編集&訓練(RiMM 360VRアドバンス・複数エリア連動+マッピング機能)

診断対象場所のみVR化した例
Only diagnosed place was turned into VR example
ウォークスルー表示可能な様にVR化した例
Example that turned into VR as walk-through can be displayed

60度VRカメラによりビデオ記録・再生も可能です!

実写VRを用いた編集&訓練(RiMM 360VRアドバンス「指摘場所のティーチング機能」)

指摘対象領域のサイズ設定
Size setting of the pointed out area
指摘対象領域に於ける正誤判定
Correct / incorrect judgment in the pointed out area

災害の発生する可能性の有る場所、位置、サイズを指定します
一つの撮影場所で何か所でも設定可能です。

360度実写記録&ビューアドバンス機能紹介

1.ティーチング(正誤判定)機能

熟練者の視点で危険個所を教えることができます

  1. 360度カメラで撮影した映像に、
    事前に指摘してほしい危険個所を設定することができます。
  2. 予め設定した危険個所と、体感者が指摘した個所を比較、正誤判定することができます

指摘できた箇所 → 青色表示
指摘できなかった箇所 → 赤色表示

2.テキスト入力・表示機能

テキストを用い、危険個所について
補足説明を入れることができます。

3.動画挿入・表示機能

指定個所に動画ファイルの挿入・再生ができ、
より視覚的に危険個所の説明ができます。

4.マッピング機能

撮影した動画箇所をMAPデータとリンクさせることができます。擬似安全パトロールのルート確認等で活用できます。

5.カウントダウン機能

1シーンごとに制限時間を設け、時間切れとなれば次のシーンへ自動的に移行させることができます。
※制限時間は任意設定可能

6.教材制作のための編集機能

これまでの機能を用い、お客様自身で教材制作ができます。

編集モードがより使いやすくなるよう改善・改修を行っております。完了するまでは、弊社にて編集作業を承ります。
改善完了時期:2021年8月予定
なお、改善後のソフトアップデートは無償にて実施致します。


実演デモ対応は【東京(神田)、大阪(阿波座)名古屋(丸の内)、松江、ベトナム(ホーチミン)、タイ(バンコク)、シンガポール=合計7拠点】

オンラインデモ開始しました!
製品に関するお問い合わせ / カタログ請求
情報機器部TEL:03-5209-0080