RiMM VR災害体感(危険感受性向上)

リム・安全&安心に特化した安全思想啓蒙・No.1ツール
危険感受性教育 採用実績400社突破33業種・リピート率50%

VRは五感を疑似再現する最新技術です。
独自のデフォルメ表現により視線を誘導し、強い印象を残します。

見る聞くだけでは、記憶に残せません!

360度VRゴーグルを装着し現場に入り
自ら危険な行動により、災害が発生!
【+触覚】体に感じる体感です!

視覚・聴覚・触覚・嗅覚を刺激し、危険感受性が向上します。
危険事象を安全に体感できます。

【3ステップ教育】危険体感の前後教育が重要です!

危険体感教育の必要性

就業形態の多様化、自動化、省力化、集約化が進み、アウトソーシングによる混在作業が増加しています。

平常時の感覚割合(平均値)
「体感に必要な時間」
適切で無いと感情が生まれず感受性は上がりません!

職場環境の状況変化

安全管理ノウハウが失われ始めている。
熟練者が年々減少傾向に有る。
体系的な教育が全員に出来ない。
単独作業が増えている。
複数の業務を同時に対応する様になっている。
技術のブラックボックス化が進んでいる。
危険情報の伝達、共有が難しくなっている。

感受性の低下に対し推奨する体感周期は6~12ケ月です。

【製品概要】

リムはVRを使用し災害事故を安全に体感する製品です。
プレーヤーに体感用データ(シナリオと呼ぶ)を載せ、VRゴーグルを利用し再生・体感します。
事故を体感し心理的に「怖い・嫌だ!」と感じさせ、危険感受性を高める事を目的とした製品です。

【製品特徴】

モバイルユニット(1人で持ち運び可能) 三段階の刺激強度調整機能有り
主観/客観評価による体感最適化(今後実装予定)
独自の触覚再現 触圧覚・痛覚・力覚+臭覚ユニットと連動動作。 ※オプション

適度なネガティブ体感は感受性向上に最適です。

RiMMは五感/触覚・平衡感覚を含めた様々な感覚再現で効果を出します!

心的障害へのリスクを減らす為に、様々な抑制機能(危険因子の表現を排除、3~5感覚の刺激感度調整機能)が搭載されてます。
本機能により危険因子の完全排除が出来る訳では有りません。システムの利用は利用者ご自身の判断のもとで判断し体感してください。

高機動性+設置簡単+調整不要+ワンプッシュ!

携帯型で現地に到着してから15分で設置完了VR体感開始
体感ユニットの装着も3ステップで完了します!

機材の有償メンテナンスを承ります。
RiMM保守部品の販売と合わせ、サービスマンによるアフターサービスもご利用頂けます。

調整不要+簡単操作 → 体感ユニットの装着も3ステップ

ケース外寸:L630xW500xH302mm
重量:22kg
モバイル収納ケース
15分で組立て完了
設置寸法:L2000xW2000mm
ユーザーが自由にシーンの編集+再生順序を変更できます。

災害シナリオは随時更新されます。多言語リリース中、非該当証明・海外輸出は別途ご相談ください。

再現シナリオは下記のリンクをクリックしてご参照ください。

RiMM 危険感受性向上・VR災害体感システム構成

RiMMモバイルスタンダード及び触覚系再現オプション

オプションの感覚再現ユニットはご利用条件に合わせ選択してください。
製品導入後、オプション追加可能です。

特記事項)製品構成する部品は、部品供給元の製造中止・改訂等により予告なく一部の構成を変更する事が有ります。予めご了承ください。

RiMMパッケージ別の構成一覧(輸出対応モデルは製品番号末尾「-G」を付加)

実演デモ対応は【東京(神田)、大阪(阿波座)、名古屋(丸の内)、松江、ベトナム(ホーチミン)、タイ(バンコク)、シンガポール=合計7拠点】

オンラインデモ開始しました!
製品に関するお問い合わせ / カタログ請求
情報機器部TEL:03-5209-0080