RiMM 災害体験シナリオ / RiMM KY災害再現映像 新規リリース情報(2021年4月1日現在)

インフォメーション 

三徳コーポレーション株式会社・情報機器部は、VR技術とメカトロニクス技術との合成により、様々な職場に存在する危険を具体的に示し、人間の本質的な直感を刺激することで心理的に怖い、嫌だと感じさせ危険感受性を高めるソフトウェア「リム・バーチャルリアルティー災害体感システム」を展開しております。

お知らせ①

このたび弊社は「リム・バーチャルリアルティー災害体感システム」用の「災害体感シナリオ」として、新たに以下9本の災害体感シナリオをリリース致しました。

【新規リリース:災害体感シナリオ】

RiMM SCE-108 坂道停車中車両挟まれ災害

RiMM SCE-115 菅移動時衝突災害

RiMM SCE-116 吊り降ろし時落下災害

RiMM SCE-117 堀山内作業時衝突災害

RiMM SCE-118 掘削を伴う移動(後退)時の衝突災害

RiMM SCE-119 設備工事における転落事故

RiMM SCE-120 草刈り作業時における接触事故

RiMM SCE-121 チェンソーによる左手の切創

RiMM SCE-122 脚立転落災害(屋外or住宅街)

今回の追加により、当社が発売する「VR災害体感シナリオ」は全95種類となりました。

追加されたシナリオの詳細な内容については、シナリオ映像の閲覧ページを別途準備しております。ぜひお問い合わせください。

お知らせ②

この度弊社は「リムKY災害再現映像」について、新たに7本の映像をリリースしました。

「リムKY災害再現映像」は、過去に起きた実際の災害事例を、当社独自のCG映像として編集・制作した映像です。

安全教育の現場において、第三者の視点で災害を俯瞰し危険予知トレーニングに利用頂けます。

【新規リリース:リムKY災害再現映像】

RiMM SVD-063 アルミ板切断中の丸鋸刃による切創

RiMM SVD-066 旋回中クレーンの横転による挟まれ

RiMM SVD-084 PTヒューズの素手接触による感電

RiMM SVD-093 リフト用高所作業カゴの落下

RiMM SVD-094 工場スレート屋根の踏抜き墜落

RiMM SVD-114 高所作業車から身を乗り出し墜落

RiMM SVD-115 トラック積込作業中に吊荷と接触し転落

今回の追加により、「リムKY災害再現映像」は全21種類となりました。

追加された映像の詳細な内容については、閲覧ページを準備しておりますので、お問い合わせください。

弊社では国内4拠点にデモルームを開設し皆様に直接「RiMM」をご体感頂けるようにしています。

ご体感頂ける災害シナリオ:全95種 デモの所要時間:約1.5~2時間 

東京:神田 人数10人まで

大阪:阿波座 人数7人まで

名古屋:丸の内 人数10人まで

島根:松江 人数3人まで

また、感染症対策の為デモルームにお越し頂けない方へオンラインでのデモンストレーションサービスをこの度開始致しました。お客様との繋がりを一番とし、さらにこの状況下での「With コロナ」として経済活動を両立させていきます。

詳しくは、当社営業社員より御案内をさせて頂きます。

今後とも三徳コーポレーション株式会社と、「リム・バーチャルリアリティ災害体感システム」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

事業部長・松田のインタビュー記事が米国The Silicon Review社の「2020年に急成長する企業50社」に掲載されました。

インフォメーション 

三徳コーポレーション株式会社・情報機器部は、VR技術とメカトロニクス技術との合成により、様々な職場に存在する危険を具体的に示し、人間の本質的な直感を刺激することで心理的に怖い、嫌だと感じさせ危険感受性を高めるソフトウェア「リム・バーチャルリアルティー災害体感システム」を展開しております。

当事業部長・松田進が、「リム・バーチャルリアルティー災害体感システム」について「2020年に急成長する企業50社」として米国The Silicon Review社のインタビューを受け、同メディアに掲載されました。

The Silicon Review




【RiMM(リム・バーチャルリアルティー災害体感システム)とは】
RiMM(リム)はVR技術とメカトロニクス技術との合成により、VRゴーグルで視覚と聴覚、グローブで触圧と痛覚、低床動揺装置で風圧と振動を再現し、様々な職場に存在する危険を具体的に示し、人間の本質的な直感を刺激することで心理的に怖い、嫌だと感じさせ危険感受性を高めるソフトウェアです。
現在300社以上の企業の安全教育に採用されています。

「メンテナンス・レジリエンスOSAKA 2020」に出展

インフォメーション 

メンテナンス・レジリエンスOSAKA 2020は製造業・建設業の生産性向上、持続可能な社会資本整備、レジリエンス向上を目指し、相互の関連性を最大限に引き出し、業界の枠を超えた技術・情報交流を促進する展示会です。

三徳コーポレーションブースでは、様々な職場に存在する危険を体感できるソフトウェアRiMM を紹介します。

人間の本質的な直感を刺激することにより、心理的に「怖い・嫌だ!」と感じさせ、危険感受性を高めることを目的とし、現在200社以上の企業の安全教育に採用されています。

VRと触覚・痛覚・風圧・振動を再現するメカトロニクスを使用して、実際に労働災害を体感していただけます。

ご体感いただく際の感染予防対策

・3密対策として、ご体感いただく方の定員を制限させていただきます。
・対応をするスタッフの検温、手指消毒、マスク着用の感染予防を徹底いたします。
・VRゴーグル等の機器に関してはご利用毎に消毒を実施いたします。

▪出展概要

名称   :メンテナンス・レジリエンスOSAKA 2020
会期   :2020年7月29日(水)~31日(金)
時間   :10:00~17:00
会場   :インテックス大阪
出展情報 :労働安全衛生展2020 ブース番号 4C-06
出展内容 :リム・バーチャルリアルティー災害体感システム
公式サイト:https://www.jma.or.jp/mente/index.html