RiMM インターストリームサーバー

災いに向き合い対応する為に、災い情報を低遅延でイメージ共有します。

災害イメージを共有するには、端末を選ばず遅延なくスムーズに配信できるネットワークサーバーシステムが必要です。RiMMはInter Stream Serverの特長を生かしイメージ伝送に特化したネットワーク型のシステムを利用しソリューションを展開します。災害データベースシステム、IPカメラによるリアルタイム確認、イメージタグ付け、ユーザに親切なCMS構築、マルチデバイス対応、Webを利用したシステム構築が可能です。安全性を高める為にInter Stream上で動作するRiMMのソフトウエアがリリースされてます。

レジリエンス(しなやかな強さ、立ち直る力)をサポートします!

【 RiMM Inter Stream Server製品特徴 】

特徴

クラウド型映像双方向配信サーバです。
イメージのリアルタイムストリーミング再生が可能です。
各種端末が利用可能(ブラウザ経由:PC、タブレット、スマートフォン)です。
IPカメラに接続しリアルタイムで映像中継できます。
高解像度な4Kカメラ、360度ステレオVRカメラに対応します。
管理機能をサーバに標準搭載、イメージのタギング機能を搭載可能です。

主な機能

  • CMS機能 / Content management system
  • マルチデバイスUI / Multi-device universal interface
  • コンテンツ管理(カテゴリ、チャンネル、広告、スケジュール再生)
    Content Management(category, channel, advertisement, schedule playback)
  • システム管理機能 (アクセスログ・統計、動画変換、スケジューラ
    Access log, statistics, video conversion, scheduler) など

インタストリームサーバーシステム構成図

Inter Stream Server System Block Diagram

【RiMM Inter Stream Sever設置方法】

RiMM Inter Stream Serverの設置方法は、4種類より選択ください。

  • イントラネットへの設置
    Case1 企業内設置(お客様既設置機へシステムインストール)
    Case2 企業内設置(LinuxPC購入しシステムインストール)
  • インタ―ネットへの設置
    Case3 インターネット設置(LinuxPC購入システムインストール)
    Case4 インターネット設置(レンタルサーバーにシステムインストール)
  • 動作検証済みのサーバー
    Amazon AWS、Microsoft Azure、さくらのクラウド、VM ware、Vitual Boxなど
    本ページに記載の製品サービスネームは、サービス各社の登録商標です。

【RiMM Inter Stream Sever 対応ソフトウエア】

  1. KY災害再現映像
  2. 災害発生ジェネレーター
  3. DIGメッセージタグ配信
  4. 災害ステータスARモニター
  5. ハザードマップシステム

詳細は、お問い合わせください。

【RiMM Inter Stream Sever 動作環境条件】

  1. システム要求スペック
    Webサーバーとして機能
    MySQLなどのDBそしてPHPが動く事
    Core i5以上のCPU搭載
    8GB以上のメモリ搭載
    SSD又はHDDは500GB以上搭載
  2. 通信データ容量
    オンデマンド配信、アクセス時にストリーム開始
    FullHDで約5~10Mbps程度⇒1ストリームLAN占有
    同時アクセス数
    例:10名同時アクセス⇒50Mbps~100Mbpsの帯域消費

詳細は、お問い合わせください。

実演デモ対応は4拠点【東京:神田、大阪:阿波座、名古屋:丸の内、ホーチミン】

オンラインデモ開始しました!
製品に関するお問い合わせ / カタログ請求
情報機器部TEL:03-5209-0080