RiMM 感受性向上 VR(災害体感)

災害撲滅を目指し、体験を通じて対処方法・安全行動を促す手段を提供します。

VR(仮想現実)による5感再現(視覚+聴覚+触覚+臭覚)により、危険な事象(災害)を、安全かつ効果的に体感するソフトウエアです。職場に存在する危険を具体的に示し、人間の本質的な直感を刺激することで心理的に怖い、嫌だと感じさせ、危険感受性を高めます。安全&安心に特化した唯一のシミュレーションソフトで災害体感(感受性向上)教育に最適です。

VRを利用した安全教育方法(3ステップ教育を推奨)

職場に存在する危険を具体的に示し「見て、聞いて」直感的に”こころ”で感じます。

VRを利用した体感は、VR+現実リアル併用が効果的!

VRバーチャルリアリティーは、人間の五感を疑似再現する技術です。
RiMMは3感覚以上を刺激し、危険感受性を高めます!
複数の感覚を同時に刺激した体感は、学習効果が高いことが確認されています。
VRによる五感の刺激で、実体験に近い(リムは96%以上の再現性)体験が可能となります。
独自のデフォルメ技術により、更に伝達効果が大きい点が特徴です。
RiMMなら安全に「怖い+嫌だ!」というリアルな感覚を得ることで危険感受性を高めます。
視覚と聴覚だけでは、体感効果を得られない災害事象が非常に多数確認されています。
そのような災害事象は、+触覚、臭覚の追加再現で効果が高められます。
リムは独自の触覚再現、臭覚再現効果で繰り返し利用する事が可能です。
RiMMはPTSDを抑制する為の機能が多数盛り込まれています。
PTSD対策は必要な事項で、自然な生々しい表現では無く、感じやすい表現が重要なポイントです。

教育効果の高い災害シナリオを製品化しました!
圧倒的な事故対応数! 【標準製品:シナリオ拡大 】

既に合計84種が標準化されています、詳細はお問い合わせください。
製品化・販売予定の標準事故シナリオ
(既に115種以上のシナリオを決定し開発中、120事象へ拡大予定)

高機動+早い設置+調整不要+簡単操作!

携帯型で現地に到着してから15分で設置完了VR体感開始
体感ユニットの装着も3ステップで完了します!

(1)グローブ装着
Haptic glove attach
グローブ装着
(2)ゴーグル装着
VR goggles attach
ゴーグル装着
(3)ワンプッシュ起動
One push start
ワンプッシュ起動

調整不要+簡単操作 → 体感ユニットの装着も3ステップ

No adjustment required + simple operation →
Installation of the experience unit is completed in 3 steps!

モバイル収納ケース/15分で組立て完了

Mobile storage case /
Assembly completed in 15 minutes

設置寸法 Installation dimensions:
L3000 x W2500 mm

RiMM安全&安心分野での採用実績

   採用企業数=340社(2020年7月現在)

労働災害分野でのRiMM採用企業様 「社名公開に同意頂いた会社様のみ」
東京電カホールディングス株式会社 様 柏崎刈羽発電所(2017年3月導入)
トヨタ自動車田原工場 様(2017年3月導入)
MHIエアロスペースプロダクション 様(2017年3月導入)
千代田化工建設 様(2017年6月導入)
一般財団法人中部電気保安協会 様(2017年7月導入)
株式会社関電工 様(2017年7月導入)
大和リース株式会社 様(2017年7月導入)
日鉄物産君津株式会社 様(2017年8月導入)
株式会社日立システムズ 様(2017年8月導入)
不二製油株式会社 様(2017年8月導入)
ミドリオートレザー株式会社 様(2107年9月導入)
トヨタ自動車田原工場 様(追加導入:2018年1月)
彦島製錬株式会社 様(2018年2月導入)
大阪製鐵株式会社 様(2018年3月導入)
中部電気保安協会 様(追加導入:2018年3月)
パナソニックライティングデバイス株式会社 様(2018年3月導入)
株式会社ジェイアール西日本総合ビルサービス 様(2018年3月導入)
日産自動車(本社)様(2018年3月導入)
デンカ株式会社様(2018年4月導入)
大陽日酸株式会社 様(2018年5月導入)
住友重機械工業株式会社 様(2018年導入)
三菱電機ビルテクノサービス株式会社(本社)様(2018年導入)
その他導入ユーザ様名称は、非公開


リム採用済みの職種

行政、医療、電力、電設、電気、水道、ガス、建設土木、資材、ビル工事、プラント、製鉄、金属、自動車、鉄道、航空機、重機、石油、化学、材料、ファブリック、セメント、製紙、空調、機械、電子、部品、情報、食品、物流、商社、装置、通信、機械、医療、その他

2020年7月で340社越えました。リム導入後(リピート急増中)
装置増設、オプション追加、事故シナリオ追加 40%強で採用数が増えてます!

製品概要

  • リムは、バーチャルリアリティーVRを使用し労働災害を安全に体感する製品です。
  • プレーヤー(ソフト)に、体感用のデータ(シナリオと呼ぶ)を載せVRゴーグルを利用し再生・体感します。
  • 事故を体感し「怖い・嫌だ!」と感じさせ、体感者の危険感受性を高める事を目的とした製品です。

危険体感教育の必要性

  • 就業形態の多様化
  • 自動化、省力化、集約化の推進
  • アウトソーシングによる混在作業の増加

職場環境の状況変化

  • 安全管理ノウハウが失われ始めている
  • 熟練者が年々減少傾向に有る
  • 体系的な教育が全員にできない
  • 単独作業が増えている
  • 複数の業務を同時に対応するようになっている
  • 技術のブラックボックス化が進んでいる
  • 危険情報の伝達、共有が難しくなっている

危険体感訓練実施を導入するポイント

  • VR(仮想現実)シミュレーションの目的と役割を明確にすること
  • 体感内容が身近で、現実的、実践的であること
  • 危険事象を安全に体感できること
  • 客観的、主観的は評価、数値的な到達目標を設定すること
  • 繰り返し、持続的な仕組みを取り入れること
  • 仮想空間と現実空間を混在した訓練を実施すること

実演デモ対応は4拠点【東京:神田、大阪:阿波座、名古屋:丸の内、ホーチミン】

オンラインデモ開始しました!
製品に関するお問い合わせ / カタログ請求
情報機器部TEL:03-5209-0080